イベント情報

2024年5月18日

 第7回栃木RA Imaging Seminar で院長 篠原 聡医師がトレーナーとして、
 当院看護師2名が受講者として参加しました。

 

2024年4月18日~20日 

 第68回日本リウマチ学会総会・学術集会に篠原聡医師、朝鳥大介医師が参加しました。

 4月19日篠原聡医師が発表を行いました(P2-246)。

2024年2月20日

 院長 篠原 聡医師が栃木県薬剤師会・病院薬剤師会研修会で講演を行いました。

 「関節リウマチの薬物治療 ~csDMARDsを中心に~」

2023年11月21日

 Lilly Meet The Expert Seminar in East Japanのパネルディスカッション

 「実臨床における関節エコーとオルミエントの使用方法を考える」に、院長 篠原 聡医師がパネリストとして参加しました。

2023年9月17日

 9月17日に開催された 「カミナリ祭り~しびれるようなとちぎの魅力~」 を協賛しました。

2023年8月19日

 当院看護師2名が、Academy of Imaging 関節エコーワークショップ2023 - Beginner +α course - (中級者コース) に参加しました。

2023年8月5日・6日

 8月5日・6日に開催された「令和5年度(第48回)ふるさと宮まつり」を協賛しました。

 

施設写真

 

 

2023年6月24日

 宇都宮RA Imaging Seminar で院長 篠原 聡医師が講演と実技指導を行いました。

 当院看護師2名が受講者として参加しました。

2023年4月19日

 院長 篠原 聡医師が執筆した論文が Case Reports in Rhuematology に2023年4月19日付で掲載されました。

 Time Course of Antispike Antibody Titer after Administration of BNT162b2 mRNA COVID-19 Vaccine in a Patient with Rheumatoid Arthritis on      Methotrexate

 https://www.hindawi.com/journals/crirh/2023/4525249/

 

2023年2月25日

 第6回栃木RA Imaging Seminarに院長 篠原 聡医師がトレーナーとして、

 当院看護師2名が受講者として参加しました。

 

2023年2月1日

 院長 篠原 聡医師が参加した座談会「関節リウマチ診療のアンメット・メディカル・ニーズ」

 の内容が、内科総合誌 Medical Practice に掲載されました。

施設写真

 

2023年1月30日

 院長 篠原 聡医師の共著論文が 2023年1月30日付で掲載されました。

Association of a FAM13A variant with interstitial disease in japanese rheumatoid arthritis

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36717188/


 

2022年11月19日、11月20日

 当院看護師2名が、Academy of Imaging 関節エコーワークショップに参加しました。


2022年4月25日

 院長 篠原 聡医師が、第66回日本リウマチ学会総会・学術集会に参加し発表を行いました。

   LBP-P3 「 MTXで治療中の関節リウマチ患者における

            新型コロナワクチン接種後のSARS-COV-2 S抗体価の経時的変化 」

 

2021年12月16日

 院長 篠原 聡医師が、宇都宮リウマチを考える会2021で症例提示とディスカッションを行いました。

   テーマ:合併症を持つ関節リウマチに対するアプローチ


2021年12月15日

 院長 篠原 聡医師が、宇都宮市薬剤師会研修会で講演を行いました。

  「MTX適正使用と注意すべき副作用」

 

2020年1月15日(水)

 院長 篠原 聡医師が Careram Internet Live Seminar & Panel Discussion でパネリストとして講演

 とディスカッションを行いました。

  日本のリウマチ診療におけるcsDMARDの役割を再考する ー患者さんの状況に応じた適切な治療とはー

  「当院におけるイグラチモドのポジショニング」

 

2019年11月3日(日)

 院長 篠原 聡医師の共著論文が 2019年11月3日付で掲載されました。

Association of HLA-DRB1 genotype with younger age onset and elder age onset rheumatoid arthritis in Japanese populations

  https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31770283/

 

2019年10月11日(金)

  院長 篠原 聡医師が、JAKセミナーin宇都宮で講演を行いました。

  「クリニックから見た病診連携~入院となった症例の解析~」(医療者向け)

2018年12月4日(火)

  当院が参加したアバタセプトの製造販売後臨床試験(第Ⅳ相臨床試験)の結果がMatsubaraらによって

  論文化されました。

   Abatacept in combination with methotrexate in Japanese biologic-naive patients with

   active rheumatoid arthritis: a randomised placebo-controlled phase IV study

   https://rmdopen.bmj.com/content/rmdopen/4/2/e000813.full.pdf

2018年9月22日(土)~9月23日(日)

   院長 篠原 聡医師が、Targeted Ultrasoud Initiative (TUI) Global Summit (ヨーロッパの関節エ

   コーの第一人者たちが関節エコーの普及のために世界各地で行っている実技を含む研修会)に参加し

   ました。(修了証)

   

2018年9月20日(木)

  院長 篠原 聡医師の共著論文が PLoS One に2018年9月20日付で掲載されました。

   Independent association of HLA-DPB1*02:01 with rheumatoid arthritis in Japanese

   populations

   https://doi.org/10.1371/journal.pone.0204459

2018年9月3日(月)

  院長 篠原 聡医師が執筆した論文が Modern Rheumatology Case Reports に2018年9月3日付で

  掲載されました。

   The benefits of ultrasonography in diagnosing and assessing auricular chondritis, arthritis,

   and tenosynovitis in a patient with relapsing polychondritis

   https://doi.org/10.1080/24725625.2018.1492510

 

2017年9月17日(日)

  院長 篠原 聡医師が、平成29年度関東甲信越地区リウマチの治療とケア研修会で講演とパネリスト

  の一人としてパネルディスカッションを行いました。

   講演「関節リウマチ治療における開業医の役割」

   パネルディスカッション「関節リウマチのトータルマネジメントの現状と今後の展開」

2017年5月13日(土)~5月14日(日)

  院長 篠原 聡医師が、Targeted Ultrasoud Initiative (TUI) Global Summit (ヨーロッパの関節エ

  コーの第一人者たちが関節エコーの普及のために世界各地で行っている実技を含む研修会)に参加し

  ました。(修了証)

2017年1月31日(火)

  当院が参加した「ヒュミラ®️皮下注40mgシリンジ0.8ml特定使用成績調査ー賃金労働就労及び家事等

  に従事する関節リウマチ患者を対象としたWAPI調査ー」の結果が2017年1月31日付で論文掲載され

  ました。

   Impact of Adalimumab on Work Productivity and Activity Impairment in Japanese Patients

    with Rheumatoid Arthritis: Large-Scale, Prospective, Single-Cohort ANOUVEAU Study

  https://link.springer.com/article/10.1007/s12325-017-0477-z

 

2016年6月30日(木)

  院長 篠原 聡医師が、栃木リウマチコミュニティ カンファレンスにて、講演をおこないました。

   「リウマチ内科医が関節エコーを手にしたらこんなものが見えました」

   (医療者向け)

2016年6月19日(日) 

  院長 篠原 聡医師が、日本リウマチ友の会栃木支部第42回大会にて、医療講演および

  個人療養相談をおこないました。

   「関節リウマチの合併症・副作用対策」

2016年6月2日(木)

  第60回日本リウマチ学会・総会で、院長 篠原 聡医師が発表した内容がMedical Tribune誌

  掲載されました。

   Medical Tribune 2016.6.2. vol49 No.22

2016年4月21日(木)

  院長 篠原 聡医師が、日本リウマチ学会 総会・学術集会で発表を行いました。

    シンポジウム7 リウマチ診療の医療連携 「開業医から見た病診連携の功罪」

2016年1月21日(木)

  院長 篠原 聡医師が、栃木リウマチコミュニティ研究会で発表を行いました。(医療者向け)

   「当院での関節リウマチ治療における生物学的製剤の使い分け

   ~Biosimilarの使用経験を踏まえて」

2015年4月25日(土)

  院長 篠原 聡医師が、日本リウマチ学会「リウマチ性疾患の画像」セッションで

  発表を行いました。 (医療者向け)

2015年2月26日(木)

  院長 篠原 聡医師が、栃木RA治療ミーティングにて講演を行いました。(医師向け)

  「リウマチ科クリニックにおける保険診療上の問題点」

2014年11月29日(土)

  院長 篠原 聡医師と当院看護師が、臨床リウマチ学会にて発表を行いました。

  「関節リウマチ患者におけるツベルクリン反応検査及びINFγ遊離試験による

   スクリーニング検査実施と結核発症症例の検討」(医療者向け)

2014年8月30日(土)

  院長 篠原 聡医師が、実地医家の為の臨床懇話会にて講演を行いました。(医師向け)

  「電子カルテを用いたRA診療の実際~エンブレルの使用経験をふまえて~」

2013年12月7日(土)

  院長 篠原 聡医師が、リウマチ学会関東支部にて発表を行いました。  

2013年12月1日(日)

  当院看護師が、日本臨床リウマチ学会にて発表を行いました。  

2013年11月1日(金)

  院長 篠原 聡医師が、「関節リウマチ治療の病診連携を考える会」にて講演を行いました。

  (医師向け)

  「クリニックにおけるリウマチ診療の実際」

2013年10月16日(水)

  院長 篠原 聡医師が、「宇都宮医師会学術講演会」にて講演を行いました。

  「関節リウマチ診療における医療連携の実際」

2013年10月6日(日)

  院長 篠原 聡医師が、リウマチ友の会主催「医療講演・療養相談会」にて講演・相談を行いました。

  午後13時~16時 道の駅しもつけ 研修室

  「最近のリウマチ治療」

2013年9月26日(木)

  院長 篠原 聡医師が、「第2回山梨RAトータルケア研究会」にて講演を行いました。

  午後19時~ 古名屋ホテル 2F「バンヤンツリー」

  「クリニックにおける関節リウマチ診療のABC」